健康食品ジャンルのアフィリエイトはもう稼げなくなってしまうのか

ネットビジネス

2017年12月に、アフィリエイターなどSEOに携わる人なら皆さんご存知のGoogleの健康アップデートが行われました。
Googleの検索結果からアフィリサイトを中心としたサイト群たちが軒並み飛ばされてしまったのです。
筋肉・体臭・精力剤・ニキビ関連・葉酸・酵素・ダイエット・歯のホワイトニングなど多くのジャンルにアップデートの影響が出ました。

僕も健康ジャンルに関わるアフィリサイトを運営していたので、正直大きなダメージを受けました。
アフィリエイターさんの中には売上の殆どが無くなってしまい、再就職につく方もいらっしゃるようです。

そこで気になるのは今後の健康食品ジャンルのアフィリエイトは稼げなくなってしまうのか?ということ。
これはGoogleのアルゴリズムの様子を見ながらというところもあるため、現段階では何とも言えないのかなと思います。

アップデート後も生き残っているアフィリサイトはある

今の検索結果を見てみると、健康アップデートが行われたからといってすべてのサイトが飛ばされたわけではないようです。
アフィリサイトでも上位に残っているサイトもありますし、徐々に順位を戻しているサイトも中にはあるようです。

そのため、その中で上位表示しているアフィリサイトは独り勝ち状態と言っていいかもしれません。

確かに健康食品ジャンルは今までのようには稼げなくなってしまったのかもしれませんが、その生き残っている枠にさえ入ることができれば、今後も稼ぐことは可能かと思います。
イメージとしては椅子取りゲームのような感じかもしれません。

今後健康食品ジャンルで稼ぐための考え方

現在生き残っているサイトと他のサイトとの違いを見極めること

現在検索結果の上位に残っているアフィリサイトと飛ばされたサイトとの違いを見極めることができれば再び上位表示をすることは可能かもしれません。

ただし、これはかなり難易度が高く、未だに有効だと思われる対策はどこにも流れていないのが現実です。

三度の飯よりSEOの研究や分析が好きという方以外はなかなか解明するのは難しいのかもしれません。

  • SSL化の有無
  • 運営者情報
  • 被リンクの質
  • ドメインの差
  • Adsenseの有無
  • SNSでの反応

などなど様々な憶測が飛び交っていますが、アップデートの影響の受けなかったサイトと比較し、その違いを見つけることはなかなか難しいです。

僕自身もいろいろと分析してみましたが、なかなか明確な答えは出せていません。
特にSSL化の有無はかなり疑いましたが、今のところSSL化にしても順位やアクセスは戻っていないです。

そうなると「被リンクの質」と「ドメインの差」あたりが有力かなと思います。
僕としてはAdsenseの有無もちょっと怪しいと睨んでいます。

商標KWなどでアクセスを拾ってCVさせる

健康アップデートが起きたといっても、商標のクエリは影響の無いところが殆どです。
なので健康食品ジャンルのアフィリエイトで稼ぐポイントとしては、商標KWのクエリでアクセスを拾ってCVさせることは1つの戦略です。

特に健康食品であれば口コミなどの影響は絶大です。
この口コミやレビューといったコンテンツを公式サイトだけで表現するのはかなり難しいため、アフィリサイトがその部分を補ってあげる必要があります。

基本広告を見た殆どのユーザーはLPを見たあと一度離脱し、口コミやレビューを探しに行くため、その時に商標KWで上位表示していれば、健康食品商材でもまだまだ稼ぐことは可能だと思います。

健康アップデートの影響がないようなクエリを考える

これも非常に難易度が高い手法です。
ユーザーが検索しそうなKWで、健康アップデートの影響がないようなクエリを考えます。

ただし、この手法はCVまでの距離が遠い可能性が高く、

  • KWを考える能力に長けていないと厳しい
  • ライティングテクニックに優れていないとなかなかCVさせる、またはキラーコンテンツに持っていくことが難しい

というデメリットがあるため、上級者向きの手法と言えそうです。

Googleの検索に頼らない集客方法を考える

これは健康アップデートが行われるよりもずっと前から言われてきたことです。
ペンギンアップデート、パンダアップデート、自動ペナルティ、手動ペナルティなど今までGoogleの動きがあるたび、アフィリエイターさんは泣かされてきました。

自分のサイトも過去実際に何回か喰らったことがあり、そのたびにメンタルがやられました。
その経験がある人ほどGoogleの検索に頼らない方法を模索してきていると思います。

特に今はインスタやツイッターなどを上手く使って集客している人もいるので、リスクヘッジのためにもそういった手法は取り入れていくべきなのかもしれません。

また、最近はネイティブ広告が有効というのもあり、そこで出稿してCVを出すというやり方も多いです。

他のアフィリサイトが行っていた対策例

これは僕のサイトではありませんが、アップデートの影響を受けたサイトを見ていて、行っていた対策を紹介します。
ちなみにこれらは対策であって、効果が出るかはわかりません。
SEOの効果は基本時間がかかるものですし、今後これらの対策が有効になるかはGoogleのみぞ知るといったところです。

法人ドメインの下層ディレクトリに移転していた

これは某有名な葉酸のサイトさんが行っていた施策です。
知っている方は知っていると思います。

そのサイトを運営されていたのは法人だったため、運営元コーポレートサイトの法人ドメインの下層に移転されていました

https://○○○○.co.jp/アフィリサイト
こういった形で法人ドメインに下層ディレクトリを作り、そこにサイトを運営するという方法です。

これは「ドメインの差」を意識しての施策かと思います。
確かにco.jpは登記した法人でなければ取得できないドメインなので、ドメインの信用度という面ではかなり高いことになります。

とにかくサイトの更新を続ける

これはとにかくサイトにコンテンツを投入し続け、サイトの更新を続けるという施策です。

アップデートやアルゴリズム変更などで飛んだサイトというのは、熱が冷めることが多く、なかなか運営を続けようという気になれない方が多いと思います。

そんな中、サイトの更新を続けることでGoogleに信頼してもらおうという意識なのかもしれません。
また、コンテンツを増やすことで集客できるクエリも増やすことができるので、しっかりコンテンツの流れを作ってあげればCVに導くことも可能です。

取りあえず何か商品を販売してアフィリサイトではない提にした

公式サイトや通販サイトが検索結果に残っているなら、いっそのこと取りあえず何かしらの商品を販売して公式サイトという立ち位置を保ちつつ、コンテンツを投入してアフィリエイトサイトとしても稼働させようという方もいるみたいです。

確かに上位表示しているページはアフィリメインのページだけど、サイト自体はECサイトという立ち位置のサイトもちらほら見かけます。

結論は健康食品ジャンルでも稼げる!今は…

結論としてまったく健康食品のアフィリエイトが稼げなくなったわけではないです。
やり方によってはまだまだ全然稼げるはず。

ただしあくまで“今は”ということです。
今後規制が入り、アフィリエイト広告自体がNGになる可能性もゼロではないため、そういった最悪の事態は常に意識しておくようにしましょう。

ポジティブ要素としては健康食品ジャンルに参入するアフィリエイターさんは、アップデートの影響もあり昔に比べて減っているのではないかということ。
その分、椅子取りゲームの参加者は少ないことになるため、上手くSEOの謎をこじ開けられれば独り勝ちできる方も出てくるかもしれません。

※注意
この記事は2018年2月に書いたものなので、情報が古くなっている可能性があります。
2018年8月に行われたアップデートは下記の記事をご覧ください。

Googleコアアルゴリズムアップデートの今後の対策と自分なりの見解

2018年9月13日