2歳児の女の子にサッカーを習わせることについて悩んだ話

アスリートやアーティストは基本的に小さい頃からその分野を始めていて、プロフェッショナルになっていくパターンが多いと思います。
自分もプロフェッショナルとは思わないけど、何かしら習い事をさせてあげたいと思っていました。

僕は学生の頃からスポーツではサッカーが好きで、今でも地元のサッカーチームに所属するほど生活にサッカーが染みついています。

そんなある日、家のポストにサッカークラブの体験のチラシが入っていたのですが、どうせ無料だし行ってみるかという軽いノリで体験させることに。

いざ、体験させてみるとそれなりにサッカーが楽しかったようで、
「またサッカーやりたい」
と言ってくれました。

だけど、いざ娘にサッカーを習わせるというのはどうも抵抗がありました。

そもそもなぜ娘がサッカーをすることに抵抗があるのか考えた

嫁さんは全然反対では無かったのですが、自分的にはどうも抵抗がありました。
ただなぜ抵抗があるのか?と聞かれるとズバッとした回答を出せない自分もいます。

そこでいったん自分を落ち着かせ、なぜ抵抗があるのかを自分なりに整理してみました。

  • そもそもサッカーは“女の子らしくない”
  • 自分の趣味を押し付けているような気がした
  • 他にもっと良い習い事があるのではないか?
  • 習い事を始めたところでまだまだわがままの2歳児が続くのか

たぶん、大きく分けるとこんな感じです。
同じ娘を育てるお父さんならわかってくれる方もいるかと思います。

冷静に考えるとこれらは全て自分の都合であることに気が付きました。

そもそもサッカーは“女の子らしくない”?

人口が多い都市の少年サッカークラブならチームに数人女の子がいることは珍しくないです。
なでしこジャパンがW杯で優勝したあたりの年から女子サッカー人口は増え、今ではサッカーをする女の子が増えています。

小学校では体育の時間でも普通に女の子もサッカーをするそうです。

そう考えたときに、正直自分の考え方が古かったと反省しました。
僕が住んでいる地区は女の子だけでなく、ママさんサッカーも盛んな地域ですし、そもそも女の子だからサッカーは似合ってないというのは大きな間違いだと思います。

自分の趣味を押し付けているような気がする?

自分がサッカーをやっているので、なんだかその趣味を押し付けているような気がしました。

だけど、2歳児なんて自分に何ができるかなんてわかりません。
逆を言えば可能性は無限大に広がっているわけで、その無限大の可能性を自分の主観や都合で狭めてはいけないと反省しました。

特に親の影響で習い事を始めた場合は、その習い事を好きになってくれる可能性も高いので、将来親子での会話も弾むメリットもあると思います。

他にもっと良い習い事があるのではないか?

2歳児だと水泳やリトミックなどが有名ですが、サッカーでいいのか?という葛藤がありました。

ただ、サッカーを通して技術よりも、グループワークやコミュニケーション能力を磨いてもらおうという風に考えたら気持ちが軽くなりました。
他の習い事は習い事のメリットがあると思いますが、例えば水泳は基本個人。自分との勝負になります。

だけどサッカーであればグループで助け合わなければいけないし、コミュニケーションも取らなければいけません。
今後人見知りしない性格になってもらうためにも、今から保育園以外のグループワークも行っておくと良いのではないかと考えられるようになりました。

習い事を始めたところでまだまだわがままの2歳児が続くのか

気に入らなければすぐ「おうちに帰る」と言いかねない子供。
そのため習い事に入れさせたところで続くのか?という不安もありました。

だけど、「もし本当に嫌になったら辞めればいい」「辞めるのはいつだって簡単」と思えば、そこまで考えすぎなくてもいいのかもしれません。

やはり一番は先ほども書きましたが、子供の可能性を自分の都合で狭めてしまうことは絶対にしてはいけないなということ。
まずは入れて様子を見てみようと思います。

まずはなんでもやってみる

かなり主観でも書いてしまいましたが、子供にはどんな特技があるのかなんて幼児の段階ではわからないです。
その可能性を広げるためにも、まずは何でもやってみるというのは大事かもしれません。

このブログ記事が同じように悩んでいるパパさんの参考になれば幸いです。