ココナラの手数料25%は痛すぎる件

ココナラ

表題の件そのままなので、短いブログです。
ココナラの手数料25%は痛すぎるなとつくづく痛感したので、一応書き留めておくことにします。

ココナラの手数料はこのブログを書いている現在(更新日時をご覧ください)、以下のような手数料になっています。

販売総額 手数料
1円〜50,000円以下の部分 25%+税
50,000円超〜100,000円以下の金額部分 20%+税
100,000円を超える金額部分 10%+税

この表を見て計算が早い人ならすぐにわかると思いますが、手数料が高過ぎます。
特に金額が大きくなればなるほどこの手数料によるダメージも大きくなってきます。

5万円のサービスを出品していた時のケース

実は5万円のサービスを出品していたことがあるのですが、そのサービスを検討している方からお問い合わせがありました。
その問い合わせは5万円のサービスを出品して初めての時です。

さすがに5万円のサービスですから、それなりに作業量があるサービス内容です。
内容にもよりますが、そのサービスを完結されるのに数日かかるかもしれないというジャンルです。

問い合わせの内容は
「5万でこれくらいものは作れますでしょうか?」
というものでした。

そこでふと考えたのが、その依頼が割に合うかどうかでした。
ココナラの手数料は25%+税です。

実際5万円で購入された場合、僕に入ってくる金額は

50,000円-(手数料25%+税8%)=僕の手取り

という感じです。
そうなると、僕の手取りは

50,000円-(12,500円+1,000円)=36,500円

となります。

そうです。
50,000円分の作業量でそのまま出品してしまうとかなりの大赤字になってしまいます。

例えば1日1万円の日給だとしたら、だいたい3日と半日くらいで終わらせる内容で出品しなければいけません。

今まではあまり大きい金額のものは出品してこなかったのですが、その時初めて手数料の痛さを感じました。
※ちなみにクラウドワークスは20%

価格設定と作業内容のバランスは非常に大事だと思います。

メインでガシガシ売っていきたい人は広告費と考えて受ける

他の日のブログでも書きましたが、案件をこなし「おすすめ」を集めることで、ココナラの検索結果も上に上がってきやすく、サービスの申し込みが増えることが予想できます。

ココナラ

ココナラで検索順位を上げる方法を考えてみた!

2018年2月20日

そのため、そのサービスをメインにしてガシガシ売っていきたい人は、最初は広告費という考えで受けることはオススメです。

人気サービスになってきた時に改めて価格設定を見直すのも一つだと思います。

ココナラを利用されている方、これから利用される予定がある方はこの手数料のこともしっかり考えておくことをオススメします。

類似サービスならWoW!me(ワオミー)もオススメ

WoW!me(ワオミー)

ココナラと似たサービスで最近知名度が上がって来ているのがWoW!me(ワオミー)というサービスです。
株式会社クラウドワークスが運営を務めるサービスで、ワーカー自身がサービスを販売するものになります。

このWoW!meですが、今なら販売手数料が0円ということもあり、ココナラで負担になっていた販売手数料25%が解決できます。

その代わり、サービスを購入するユーザーがシステム利用料として3%上乗せされるようです。

ただし、個人的な見解ですが、WoW!meの知名度がさらに上がり、利用者が増えてきた場合は販売手数料が発生する仕組みになる可能性はあると思います。
※メルカリなどはそうでしたので。

とは言え、現段階では販売者に手数料が掛からないのは非常に魅力的。

ココナラの販売手数料がネックになっている方は、是非WoW!me(ワオミー)を利用してみてください。

>>https://wowme.jp/