バーチャルオフィスで法人口座開設の審査に落ちまくったけど何とか開設できた話

通帳

現在はネットビジネスでの収益が上がり、節税対策として法人を設立する人も少なくありません。僕もある意味その中の1人です。
ただしオフィスを借りるのも固定費が増えるし、自宅を登記に使用するのもなんだか抵抗のある人にとって非常に便利なのがバーチャルオフィスの存在です。

そこでバーチャルオフィスを利用することによってネックになるのが法人口座の開設。
実は僕が法人を立ち上げてまず苦労したのがこの法人口座の開設です。
正直言って登記する前はもっと簡単に作れるものだと思っていただけに大苦戦でした。

ここでは法人口座開設に失敗した銀行や、唯一作れた口座の体験談を書こうと思います。

開設候補に考えた銀行

法人口座を開設するにあたって、税理士の先生や司法書士の先生と話していたのが、

  • メガバンク
  • ネットバンク

この2つを持っていればいいのではないかということでした。

特に僕の場合はネットビジネスや通販事業をメインとすることだったので、ネットバンクをメインにしても職業柄問題ないだろうと話していました。
また、ネットバンクに加えて信用度が高いメガバンクの口座も1つ持っていると安心かと。

そこで候補に考えたのは主に以下の銀行です。

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
ちなみにメガバンクなどの場合、法人登記した住所に近い支店で開設しなければいけないため、その点は若干面倒なポイントではあります。

ネットバックをメインにしたい理由

ネットバンクをメインにしたい理由は単純に手数料が安いからです。
特にメガバンクの場合手数料が高いだけでなく、ネットバンキング(インターネット上で振込作業などができるサービス)のサービスを利用するのも固定費が掛かるので、正直それはもったいないと思いました。

ざっと見てみると手数料やネットバンキングの月額料は以下の通りです。

銀行 同行3万円未満 同行3万円以上 他行3万円未満 他行3万円以上 ネットバンキング月額利用料
みずほ銀行 216円 216円 540円 540円 月額2,000円
三井住友銀行 108円 216円 324円 540円 月額2,000円
三菱東京UFJ銀行 108円 324円 540円 756円 月額1,600円
ゆうちょ銀行 113円 113円 216円 216円 無料
ジャパンネット銀行 54円 54円 172円 270円 無料
住信SBIネット銀行 51円 51円 165円 258円 無料
楽天銀行 51円 51円 165円 258円 無料

振込作業というのはビジネスをする上で必ず発生するものですし、今後利用回数が増えていくと予想できたので、メガバンクで無駄に高い手数料を払うのは僕にはデメリットでしかなかったです

実際に口座開設を試みて審査落ちした銀行

ここからは実際に法人口座開設を試みた銀行とその体験談です。
法人登記が済み、すぐに開設を試みましたが、実はことごとく審査に落されてしまったのです。

三井住友銀行

まず真っ先に向かったのが三井住友銀行です。
三井住友銀行をピックアップした理由は、知り合いが同じくバーチャルオフィスでありながら法人口座開設に成功していたから。
また、最初の銀行だったのでバーチャルオフィスでの法人口座開設が難しいものだと知らずに行ってしまいました。

ところが受付で法人口座開設の話を聞いていると
「借りているオフィスの平米数などが記載されている契約書の提示をお願いします」
とのことでした。

もちろん契約書はあるものの、バーチャルオフィスなので“平米数”は記載されていません。

「バーチャルオフィスで契約しているため、契約書には平米数の記載はありません」
と伝えると、その場で法人口座開設は難しいと断られてしまいました
そこで初めてバーチャルオフィスでの法人口座開設は難しいのでは?と気付き始めたのです。

そのため、候補としてあげていたもう1つのメガバンクであるみずほ銀行は行かずに諦めることにしました。

ジャパンネット銀行

三井住友は書類を郵送して結果を待ったわけではなく、窓口で断られたため、即効ジャパンネット銀行の口座開設に踏み切りました。
ジャパンネット銀行を選んだ理由は、前に勤めていた会社がメインで使っていたネットバンクだったから。

開設の申し込みはwebから簡単にできます。
必要事項を記入してプリントアウト。捺印してジャパンネット銀行に郵送するだけです。
審査期間はたぶん時期によって違ってくるのかもしれませんが、僕の場合は郵送してだいたい1週間くらいで返事が返ってきました
もちろん審査落ちです。

審査落ちメール

実際にジャパンネット銀行から送られてきたメール

ちなみに問い合わせをしても審査落ちの理由は教えてもらえません。たぶんこれはどこの金融機関も一緒なのではないかと思います。

不備があったことによって審査落ちした場合、修正して再度申し込めば開設が可能だと思いますが、おそらくバーチャルオフィスであることによって審査落ちしたと思われるため、これはまた申し込んでも意味がないと断念しました。

ゆうちょ銀行

ジャパンネット銀行と並行して開設に動いていたのがゆうちょ銀行の法人口座開設です。
ゆうちょ銀行は法人口座開設の中でもそこまでハードルが高くはないという噂もあったのでダメ元で申し込んでみることにしました。

というのもゆうちょ銀行の法人口座の通常預金には1300万円という上限額があるため、それにより審査は若干緩いのでは?というイメージも持っていたのです。

しかし、いざ開設を申し込んでみても案の定審査落ちをしてしまいました
こちらも同様審査落ち理由は開示されませんが、まずバーチャルオフィスが理由であることは間違いないと思います。
審査の結果が出るのは申込からだいたい2週間くらいだったと思います。

バーチャルオフィスでも開設できたのは楽天銀行

ジャパンネット銀行に審査落ちした時点でかなり焦っていましたが、そんな時楽天銀行の法人口座開設のサイトを見ていた時、

主たる事務所としてバーチャルオフィスやレンタルオフィスをご利用のお客さまの場合は、上記の「法人登記内容 確認資料」「口座管理者さま 本人確認資料」等の必要としている書類に加え、事業実態について確認できる書類をご提出ください。

と書かれた文言を発見しました。
ということは“バーチャルオフィスであることが審査落ちの要因にはならない”ことになります。

そこで次に申し込んだのが楽天銀行の法人口座です。
もちろん書類作成などは不備が無いようにしっかり行いましたが、無事法人名義の口座を開設することができました。
正直開設できた時はめちゃ嬉しかったです。

バーチャルオフィス以外で審査落ちになりそうな要因

正直法人口座開設を舐めていました。
もう少し簡単に作れると思っていたし、こんなに苦労するとは思っていなかったからです。

やはりこの手のケースで審査落ちする理由としてバーチャルオフィス(オフィスが実在しない場所に登記されていること)はかなり響きますが、他にも

  • 事業内容を明確に記載しない
  • コーポレートサイトが無い、またはしっかり作られていない
  • 資本金が1円など極端に少ない
などの場合も信用度が低くなり、審査に影響するものだと思われます。

やはりインターネットビジネスが普及して、それに伴い法人口座をマネーロンダリングのために悪用する会社が増えたことも法人口座開設が厳しくなった要因の1つだそうです。

ちなみに今回はバーチャルオフィスでありながら楽天銀行で口座開設ができましたが、誰もが作れるかはわからないです。
今後バーチャルオフィスで法人口座開設を考えている人もいるかと思いますが、あくまでに参考までにお願いします。