中小企業を円満退社して感じた自分なりのメリットや必要性!

退職届

現在僕はフリーランスから企業し、一端ながらも法人の代表として働いていますが、ふと用事があって以前勤めていた会社に行って来ました。
正直これは退職する時に円満退職だったからできたことの1つだと思っています。

そして、今回以前勤めていた会社に久しぶりに顔を出して、円満退社をして良かったと感じた点がいくつかあったので、ここに書き留めておきたいと思いました。

今まさに会社を辞めたいと思っている方もいるかもしれませんが、ここで円満退社の必要性を感じてもらえたら幸いです。

円満退社をして良かったと思えた理由

円満退社をして良かったと思える理由は人や状況によって違うかもしれませんが、僕が実際に円満退社をして良かったと思えたのが以下の理由です。

  • 取引先を紹介してもらえた
  • 同じツールを共有できる
  • 失敗した場合出戻りさせてもらえる可能性がある
  • 人と人との繋がりは無いよりはあった方が良い

細かくいうともっとあるのですが大きく分けるとこんな感じです。

取引先を紹介してもらえた

勤めていた会社がどういった事業をしているかにもよりますが、自分の場合はインターネット事業だったため、こうして独立した後にも仕事先や取引先を紹介してくれる時があります。

通常何もないところで交渉に行くと断られたり、お金が発生したりするようなことでも、紹介をもらえるだけですんなり通ることがありました
これは本当に自分の営業力ではなく、完全に前の会社のおかげだと思っています。

正直言って人は思っている以上に無力です。
サラリーマンをしている時は“会社”という組織に守られているため、自分の無力さに気付くことができる人は少ないです。
フリーランスや独立をして、成り立って初めてその人の力が証明されるのだと思います。

そのため、独立して成り立つためには前の会社の力を借りることも必要になってくるはずです。

同じビジネスモデルやツールを共有できる

これも大きなメリットの1つです。
特に同じような職種で独立した場合は、在職中に成功したビジネスモデルを公認で使わせてもらえるのは非常に大きな武器です。
また、一度成功を収めているビジネスモデルなので、自分の事業でも成功できる可能性は高まります。

僕の場合で言うと、特にデジタルマーケティングのノウハウは非常に大きな助けになっています。
たぶん、このノウハウや在職中から見てきた経験が無かったら起業しようとは思わなかったかもしれません。

ちなみに公認を得ていないと、バレた場合会社によってはネチネチとクレームを言ってくる可能性もありますので注意しましょう。
この点は円満退社の大きなメリットだと思います。

失敗した場合出戻りさせてもらえる可能性がある

フリーランスになった人や、独立した人すべてがずっと上手くいけばいいですが、そう世の中はうまくできていません。
フリーランスの方であれば常に仕事を見つけていかなければいけないですし、起業した人であっても開始したビジネスがうまくいく保証もありません。

一度は軌道にのっても徐々に業績が悪化し、ビジネスを撤退する頃にはなかなか再就職が難しい場合もあると思います。

これも退職の仕方にもよるとは思いますが、もし独立に失敗した場合、再度雇ってくれる可能性はあります。
特に決裂退職ではない限り、企業側もその人の仕事の能力はある程度わかっているため、知らない誰かを雇うよりもリスクは少ないというメリットもあります

自分の場合は「独立したい」と言って退職しているため、どちらかというと会社側は応援してくれる立場でした。
そのため、幸いにも「失敗したらまた雇ってやるから」と言ってもらった時は、リップサービスだとしても嬉しかったですし、背中を押された気がしてポジティブになれました。

人と人との繋がりは無いよりはあった方が良い

これは単純に人と人との繋がりは無いよりは絶対あった方が良いです。
人との出会いは一期一会。僕は誰かとの出会いが自分の人生を変えるということは少なくないと思っています。

その人生を変えるほどの人というのはいつどのタイミングでそうなるかはわかりません。
実は会社を辞めた後かもしれません。
だから人との出会いは絶対大切にすべきだと思っています。

僕の場合も、辞めた後に自分の事業にはなりますが、前の会社の同僚に助けてもらうシーンもたまにあり、すごく感謝しています
繋がりを切らさなかったからこそ、ピンチを乗り越えられたのです。

繰り返しますが、“会社”に守られていない個人は自分が思っている以上にかなり無力です。
誰かに助けてもらうシーンは必ずあります。

円満退社をするには?

ここまでかなり綺麗事を並べて来ました。
誰でも円満退社できるものであればしたいと思いますし、それができないから苦労しているのだと思います。

僕も円満退社と呼べる退職ばかりではなく、中には逃げるように退職してしまった時もあります。
そうなる時は無理をしてもしょうがないです。

難しいですが、僕が思う円満退社するコツというのは、退職する動機かなと思います。
退職理由はできるだけ前向きに、ポジティブにすることがポイントだと周りの退職の仕方を見てもそう思いました。

転職にしろ、独立にしろ、
「自分は他にチャレンジしてみたい仕事がある」
というのはステップアップという意味でポジティブ要素が生まれやすく、会社も応援してくれる可能性が高まります。

今後退職の仕方に迷っている人は、できるだけ円満退社を目指してみてはいかがでしょうか。
必ずメリットはたくさんあります。