加工しなくても料理や人物がキレイに撮れるカメラアプリFoodie(フーディー)がおすすめ!

加工しなくても料理や人物がキレイに撮れるカメラアプリFoodie(フーディー)

最近カメラアプリってめちゃめちゃ出ているので、どれを使っていいのかわからなくなりますよね。

正直自分は男なので、女性の人ほど写真を加工したり補正したりといったことをしません。
というか写真加工が面倒なんですよね。

なので結局デフォルトのカメラアプリで撮ってしまうという状態でした。

そんな時、テレビでカメラアプリの特集を観て、Foodie(フーディー)というアプリの存在を知りました。
これが本当にラク!

撮影した写真をいちいち加工しなくても、このアプリで撮るだけでキレイに撮れちゃうので、女性はもちろん男の自分でもすごく使いやすいカメラアプリなんです!

そんなカメラアプリのFoodie(フーディー)を今回は紹介したいと思います。

Foodie(フーディー)とは

Foodie

食事を楽しむあなたに欠かせない「Foodie(フーディー)」。
楽しく手軽に使えて、あなたの写真がプロ級にグレードアップ!

撮るだけで色鮮やかなキレイな写真を撮ることができるカメラアプリです。
食べ物(food)をキレイに撮るといった名目から付けられたアプリ名だと思います。

ただ、このアプリは非常に優秀で、食べ物以外にも人物や風景などもキレイに撮ってくれるところが優れているポイントです。

もちろん、利用は無料なのでダウンロードすればすぐ使うことができます。
iPhone・Androidどちらでも対応しています。

実際にFoodieで撮影したフィルター別写真

実際に自分が撮影した写真を紹介します。
ブログに掲載できる用の写真が少ないので急遽撮影した写真もありますがご了承ください。。

デフォルトのカメラアプリ

iPhoneに最初からインストールされているデフォルトのカメラアプリで撮影した写真です。やはり素人が撮影した感がガシガシ出てしまいます。

FoodieのPL3フィルター

FoodieのPL3というフィルターで撮影した写真です。デフォルトの写真に比べてかなり明るくなりましたね。撮影後も特に加工などはしていません。

FoodieのTR1フィルター

FoodieのTR1というフィルターです。TRはトロピカーナという意味だそうです。インスタグラマーさんがよく投稿しているような写真の色合いに近いですね。

FoodieのYU5フィルター

デリシャスという意味のYU5というフィルターです。今回掲載した4枚の中でも一番明暗のバランスがキレイに撮影できているのではないでしょうか。

デフォルトのカメラアプリ

FoodieのPL3フィルター

ちなみに以前紹介したレビュー記事の写真でもFoodieを使って撮影しています!

30秒で再現!牛角のりフレークとタレで簡易カルビ専用ごはんに変身!

30秒で再現!牛角のりフレークとタレで簡易カルビ専用ごはんに変身!

Foodie使い方のコツはフィルターの使い分け

上記でも掲載したようにFoodieには様々なフィルターが用意されています。
一概に「このフィルターが良い」というわけではなく、撮影するシーンや環境によってフィルターを使い分けることでキレイな写真を撮影することができます。

Foodieのフィルターの使い方

例えば青空があるような写真では色合いが鮮やかに出るフィルターがおすすめですし、屋内で撮影するときはなるべく明るくできるフィルターがおすすめ。

常にアップデートで新しいフィルターも追加されているので、是非いろんなフィルターを試してみましょう!

インスタやFacebookなどのSNS利用者には最適

普段からInstagram(インスタグラム)やFacebookなどに写真を投稿している人にもおすすめです。

やはり加工の手間がなくキレイな写真にできるので、写真のクオリティでいいねが増減するようなSNSでも活躍してくれると思います。

SNSを使っていなくても、自分のような「面倒くさがりなタイプの人が簡単にキレイな写真を撮れるアプリ」としてもおすすめです。

是非使ってみてください!