アルコール消毒液不足に朗報!『次亜塩素酸水』を使ってコロナ対策を!

新型コロナウイルスの影響が拡大していて、品薄となっているアルコール消毒液。
ドラッグストアにもなかなかアルコール消毒液が並ばず、
「もう少しで消毒液が無くなりそう…」
という方も少なくないと思います。

そこでアルコール消毒液の代わりに、コロナ対策として注目されているのが『次亜塩素酸水』

「次亜塩素酸水って何?本当にコロナ対策になるの?」
「次亜塩素酸水ってどこで手に入れるの?」

そんな方のために今回は次亜塩素酸水の詳細や手に入れ方、作り方などを紹介したいと思います!

次亜塩素酸水とは?

塩酸又は食塩水塩化ナトリウム水溶液を電解することにより得られる,次亜塩素酸を主成分とする水溶液である。
引用元:厚生労働省

つまり塩素を含んだ水ですね。
ハイターなどの漂白剤を薄めたようなイメージです。

次亜塩素酸水はもともと殺菌効果が高く、コロナウイルスが流行する前からウイルス対策として有効と言われていたものでした。

しかし、今回厚生労働省がコロナウイルスに次亜塩素酸水が有効と発表したことから改めて注目されています。

感染者が別の部屋で生活していても、トイレ、洗面所、浴室などを共用すると思います。ウイルスは物についてもしばらく生存しているため、ドアの取っ手やノブ、ベッド柵ウイルスがついている可能性はあります。0.05%の次亜塩素酸ナトリウム(薄めた漂白剤)で拭いた後、水拭きするか、アルコールで拭きましょう。
引用元:新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項|厚生労働省

漂白剤を使って自作もできるがデメリットもある

次亜塩素酸水は漂白剤などを薄めて作ることができるため、自作もできます。

作り方の例として紹介されているのが、以下のような方法。

水500ml+塩素系漂白剤原液10ml

しかし、自作する場合は購入コストを抑えられるメリットがある一方、濃度や作り方をミスした場合に有害ガスが発生する可能性があります。

安全面ではやはり不安な面が多いため、市販の塩素系漂白剤を使った自作はあまりおすすめできるものではありません。

次亜塩素酸水を安全に作る方法

市販の塩素系漂白剤を使わずに次亜塩素酸水を安全に作る方法が、次亜塩素酸水生成パウダーを使用する方法です。

水にパウダーを溶かすことで簡単に次亜塩素酸水を作成できるのが『ジアの素』です。

ジアの素を使って作った次亜塩素酸水は手などの人の体に使えるのが最大のポイント。

本来漂白剤を使って自作した次亜塩素酸水はアルカリ性が強く、手などの消毒には使えません。

人の手に優しい弱酸性なので安心して使用することができるんです!

また、加湿器にも入れることができるので、室内の除菌をすることもできます。

ジアの素の使い方

ジアの素の使い方は至って簡単で、水にパウダーを溶かすだけで作ることができます。

このように簡単に作ることができます。

口コミで広がり多方面で使用されています

View this post on Instagram

この前頂いたジアの素を手指用の消毒液に使っています! 感染防止のために職員ももちろんですが、利用者さんや来客者さんが来られた際に手に消毒するように協力してもらってます。 あと、熱を測らせてもらってます。27.5℃以上は利用不可にしてます。 今後も何か起きるか分からないのでコロナ対策について検討中です。 #就労支援移行 #就労支援 #就b #就労継続支援b型 #ひだまり #門真 #古川橋 #ジアの素 #次亜塩素酸水 #消毒液 #手指用 #アルコールが欲しい #コロナに負けるな #新型ウィルス #コロナ対策

A post shared by ひだまり就労支援 (@hidamarikadoma) on

使用用途が多くコスパが良いのが魅力


食器やドアノブの除菌だけでなく、手などにも使えるため使用用途が多いにも関わらず、水に溶かすだけで作れるので非常にコスパも良いです。

アルコール消毒液もまだまだ品薄が続くと思われるため、不安な方はチェックしてみてください!

ジアの素は公式販売サイトより購入することができます↓

https://jianomoto.com/