モニプラファンブログを事業者として試してみたのでその効果について

このページを訪れる方はおそらくモニプラファンブログの導入を検討している事業者側の方が多いのではないでしょうか。

ご存じかもしれませんが、モニプラファンブログは無料モニターやサンプル情報を集め、モニター自身のブログやSNSにレビューを書いてもらうレビュー集めサイトです。

今回僕は事業者側として試したモニプラファンブログの効果をレビューしてみたいと思うので、検討している方の参考になればと思います。

モニプラファンブログは売上に直結するか?

これは憶測でもなく実体験なのですが、基本はしません。

“基本は”と書いたのは中には本当に気に入って使ってくれる方もいる可能性もあるからです。
ですが、相当気に入ってくれない限りその可能性は低いかと思います。

モニプラファンブログのユーザーは基本的に無料で商品がもらいたい人達です

なのでお金を出して商品を購入しようとまで考えていない方が殆ど。
モニプラファンブログで売上を上げることを考えるのはまずやめた方がいいです。

なぜモニプラファンブログをやるのか?

モニプラファンブログを実施したからといって、もちろん売上が上がるとは思っていませんでした。
ではなぜモニプラファンブログを実施するのか?ということですが、口コミやレビューを集めるための1つの手段だからです。

特に通販においての口コミやレビューは、本サイトのコンテンツと同様くらいに重要なものです。
本サイトのコンテンツは自分たちでいくらでも頑張れますが、口コミやレビューは集めるのはなかなか大変な作業です。
そこでモニプラファンブログを実施することで、口コミやレビューを割りと簡単に集めることが可能なのです

口コミやレビューは公式サイトでは言えないことも書いてくれることも

特に化粧品や健康食品などのメーカーさんはそうだと思いますが、公式サイトではなかなか薬事法に関わることで言いたいことも言えないことがたくさんあります。

「○○の商品を飲んだら痩せました」
「○○を使ったら肌荒れが治りました」
などかなりグレーなゾーンですが、口コミやレビューだから許されるポイントであるため、メーカーさんにとっては有り難い存在なのです。

本サイトでも二次利用可能

モニプラファンブログを通して集めた口コミやファンブログは二次利用が可能です。
中には顔写真付きでのレビューも募集することができるので、本サイトで使用することで商品の人気度をアピールすることもできます。

スタートアップのブランドでもモニターは集まるの?

スタートアップでブランド力が無いブランドがモニター募集してもしっかり集まります。
これは僕が経験したことなので事実です。

例え募集期間が一週間だとしても200人近くはモニター参加に応募があるため、“実施したけど全然モニターが集まらない”ということは起きません

モニプラファンブログの価格プラン

モニプラファンブログのプランには以下のものがあります。

トライアルプランの価格

トライアルプラン 6ヶ月契約 12ヶ月契約
初期費用 60,000円 50,000円
月額 40,000円 35,000円
応募者選定方法 自働 自働
オファーイベント できない できない

ライトプランの価格

ライトプラン 6ヶ月契約 12ヶ月契約
初期費用 200,000円 200,000円
月額 80,000円 60,000円
応募者選定方法 自由選考 自由選考
オファーイベント できる できる

さらに言うと、モニター募集ページなどもすべてお任せするプランなどもあるのですが、商品の魅力を一番伝えられるのはメーカーさん側だと思うので、そこはできるだけ自社でやるべきだと思います。

大きな落とし穴はこの自動選考という選び方

上記のプランでの大きな差は応募者の中から選ぶのが自動選考自由選考かということ。
実はこの自動選考、応募者の中から完全にランダムで選ぶのではないのです。

レビューユーザーはみんなモニプラファンブログ内でランク付けされており、いつも質の高いレビューを書いていたり、インスタのフォロワー数が多いような人はAランクとされています。
自動選考の場合、このAランクのユーザーは10~30%ほどに調整されてしまうのです。

完全にランダムであれば、極端な話Aランクのユーザーが全員でもおかしくないのですが、その部分は調節されてしまうため、どっちみち優秀なレビューユーザーばかりを集められるわけではありません。

モニプラファンブログのユーザーの中には、フォロワー数何万人というインフルエンサークラスの方もいるため、そのような人ばかりを選抜したいときはライトプラン以上を選ぶ必要があるのです。

モニプラファンブログ内にいるユーザーの質について

上記でも書きましたが、基本的には無料で商品がもらいたい人達であって、レビューを書きたい人達ではありません。
口コミやレビューを書くことは強制ではないため、例えばモニター当選人数10人に対してその10人全員がレビューを書いてくれる確率は極めて低いです。

モニプラファンブログを通してモニター当選者に、レビューを促すメッセージも直接送れますが、それでもレビュー投稿率100%を達成するのは難しいと思います。

基本的にユーザーはあまり応募要項を呼んでいない

応募の条件として「ブランドの公式SNSアカウントをフォローしてください」という条件を加えてみましたが、基本的にどのユーザーもフォローせずに応募してきます。
応募要項を読んでいないという証拠でもあります。

もちろん、中にはちゃんとフォローしてくれる人もいますが、応募者選定方法が自動選考だった場合はフォローしてくれた人達を選んであげることもできないため、非常にもどかしい部分ではありました。

モニプラファンブログはおすすめか?

結論としてモニプラファンブログを利用するのであれば、ライトプラン以上を実施できる予算を持ったメーカーさんならオススメできるかなという感じです。
つまりトライアルプランはオススメしません。

僕自身が実施してみて、モニプラファンブログの一番のキーポイントは応募者の選定にあると実感したため、この部分は強くアドバイスしておきたいと思いました。

この記事がモニプラファンブログの実施を検討している方の参考になれば幸いです。