nanaco(ナナコ)カードを持っていないのは損!セブンイレブン・ツルハドラッグなどでポイントゲット!

nanacoカード

nanaco(ナナコ)カードを持っていない人っていますか?
普段の買い物環境によってはnanacoカードを持っていないのはすごく損をしている場合があります!

実は僕も以前まで買い物は現金でしていたタイプなのですが、nanacoカードの便利さとお得さを知ってからは毎日使うほどのアイテムになりました。
節約できる非常に優れたアイテムなんです!

「そもそもナナコカードって何?」
「ナナコカードってどうお得なの?」
など、まだnanacoカードを持っていない人のために1年間使ってみた僕がメリットを解説します。
是非参考にしてみてください!

nanacoカードって何?

事前にチャージ(入金)しておけば、レジにかざすだけでお買い物ができて、小銭いらずでとっても便利 ♪ nanacoを使ってお買い物をするとnanacoポイントがたまります。
引用元:nanacoカード公式サイト

上記の通り、いわゆる電子マネーの1つですね。
suicaやpasmoのようにチャージして買い物する時にレジでかざすだけで支払いが完了します。

最大のメリットはポイントが貯まること

もちろんnanacoカードだけでなく、ポイントが貯まる電子マネーは数多くありますが、nanacoポイントは提携しているお店も多いのが特徴的。
基本的に100円で1ポイント貯まります。

イトーヨーカドーやアリオといった大型デパートや、セブンイレブンといったコンビニでもポイントが貯まるため、普段の買い物環境によっては非常にお得になります。

主に僕が普段ポイントを貯めているのはセブンイレブン・アリオ・ツルハドラッグなどです。
これらのお店が自宅近くにあるので、普段の日用品などの買い物は殆どnanacoカードで済みます。

なので特にセブンイレブンに行くとき、自宅を出る際も財布は持たずnanacoカード1枚だけを持っていくことが殆どです。

上記はあくまで僕の周りの環境の話ですが、セブンイレブンやアリオ以外にもたくさん使える店舗があるため、是非チェックしてみてください。

>>使えるお店を探す(nanacoカード公式サイト)

商品によってはボーナスポイントが貯まる場合も

nanacoボーナスポイント

セブンイレブンの商品などに「nanacoボーナスポイント」の札がついている時があります。
その商品をnanacoカードで購入すると、そのボーナスポイントがつくという仕組みのものです。

100円前後の商品でも10ポイント貰える場合もあり、nanacoボーナスポイントの札をついている商品を購入することで、通常のポイントとは別でさらにnanacoポイントが貯まります。

ダブルでポイントが貯まるお店も

例えば僕がよく買い物をするツルハドラッグにはツルハのポイントカードも存在しています。
なので、買い物をするときはnanacoカードで支払うと、nanacoポイントとツルハポイントの両方が貯まります。

現金で支払ってしまうとツルハポイントしか貯まらないため、まさに損をしているということになりますね。

普段の生活でどれくらいnanacoポイントが貯まる?

僕の場合、平日の昼食はお弁当を買います。
だいたいセブンイレブンのお弁当は500円前後なので、それだけで毎日5ポイントほど貯まります。

5ポイント×平日(5日)=1週間で25ポイント
25ポイント×1ヶ月(約4週間)=100ポイント
100ポイント×1年(12ヶ月)=1,200ポイント

だいたいの計算ですが、毎日の昼食代をnanacoカードで支払うだけで1年1,200ポイント貯まることになります。

あとは、週末に子どもと出かけてアリオでお買い物したり、日用品をドラッグストアなどでも購入するため、かなりザクザクポイントが貯まっていくという感じです。

nanacoカードを作る方法

nanacoカードを作る方法は2通りあります。

  1. 店頭で申込書を書いて申込する方法
  2. 事前に申込書を作成してお店で申込する方法

②の方法はパソコンやスマートフォンで事前にWeb申込書作成ページから申込んでおき、受付完了メールを店頭で提示するというやり方です。

僕としては①の店頭で申込書を書いて申込する方法がオススメ。
②はメールアドレスやパスワードなどを設定する必要があり、正直電子マネーカードにそこまでするのは面倒かなと思うからです。

入会を受け付けているお店
  • セブン-イレブン
  • イトーヨーカドー
  • ヨークベニマル
  • ヨークマート
  • デニーズ
  • 西武・そごう

上記のお店のサービスカウンターやレジに行き、「nanacoカードを作りたい」と伝えれば作成することができます。

発行手数料について

残念ながらnanacoカードは無料ではなく、発行手数料300円(税込)が掛かってしまいます。
発行の際、カードにチャージをする必要があるので、例えば1000円チャージした場合はその場で1300円支払うことになりますね。

ただし、イトーヨーカドーのハッピーデー(毎月8日・18日・28日の8のつく日)の日に作ると発行手数料が無料に!
※チャージ1000円以上が条件です

チャージ分はもちろん現金と同様に1000円として使えるので、実質無料で作ることができます。

ちなみに僕もハッピーデーの時に作りました!

nanacoポイントが貯まりやすいかは環境による

非常にポイントが貯まりやすいnanacoカードですが、ザクザク貯まるかは環境にもよります。

僕の自宅付近の環境ではセブンイレブンやアリオが近いことからnanacoがメインとなっていますが、例えばイオンが近い環境であればnanacoカードは使えません。
※イオン系列ではWAONカードが主流になっています

そのため、必ずしもすべての人にnanacoがオススメなわけではないので注意してください!

ちなみにWAONカードは200円で1ポイントなので、その点nanacoカードは還元率も良く優れた電子マネーサービスだと思います。

セブンやツルハなどをよく利用する人は絶対作るべし!

逆にnanacoが使える環境があるのであれば、絶対作ることをオススメします!

やはり貯まるポイントはバカにできないため、節約のためにも是非nanacoカードを利用してみてください!

さらにnanacoポイントを貯めるならセブンカード・プラス

セブンカード

さらにnanacoポイントを貯めたい方はクレジット機能がついたセブンカード・プラスを持つこともありです。

セブンカード・プラスは通常のnanacoカードの機能にプラスしてさらにポイントが貯まりやすい仕組みがあります。

  • カード払いでも200円1ポイント貯まる
  • チャージするだけでも200円1ポイント貯まる

チャージするだけでもポイントが貯まるのは非常に大きいですね!

ちなみに僕は最近違うクレジットカードを作ったばかりなのでまだ申し込んでいません!
クレジットカードを作った後にセブンカード・プラスがあることを知りました…。

もう少し月日を置いて落ち着いたら作ってみようと思います!

まだnanacoカードを持っていないという方は、セブンカード・プラスから作っても全然良いと思います。
この記事がnanacoカードのことを知りたいと思っている人の役に立てば幸いです。