Twitterで長文を書きたいと思ったときに便利なツール

僕がアフィリエイターということもありますが、アフィリエイターの方やクリエイター関連のお仕事をしている方はTwitterを活用していることが多いのではないでしょうか?

特にIT関連の情報は水物なので、誰かがブログに書き、Googleにインデックスされる頃には情報が古いということも少なくありません。
Twitterはリアルタイムで情報が流れていることが殆どなので、僕も基本的にはTwitterで情報収集することが多いです。

自分から発信したいと思った時も同じです。
有力だと思ったIT関連の情報はツイートなりリツイートするように心がけています。

ただ普段は140文字くらいの投稿で十分なのですが、たまーに長文で投稿したいときもあります。
そのためにわざわざブログを開設するのも面倒です。

そんなときに便利なのがTwishortというツールです。

長文をツイートしたい時はTwishortがおすすめ

140文字以上のツイートをしたいときはTwishortが簡単でオススメです。

クリックで簡単にログインできる

Twishortのサイトへ行き、自分のTwitterアカウントでログインする(アプリ認証する)ことで、Twishortでツイートできる画面になります。

文字制限は調べてないのでわかりませんが、たぶんありません。
1万文字以上でも投稿できると思います。

投稿した後にタイムラインを見てみると、タイトル蘭に入力したテキストが先に表示され、その後は省略されてURLになるという仕組みになっています。

Twishortで投稿したツイートもインデックスされます

ちなみにですが、Twishortで投稿したツイートもGoogleにインデックスされます。
もちろん、それなりにツイート内容もしっかりしたものである必要があるかもしれませんが…。

タイトルと本文の入力画面

このタイトル部分がH1にマークアップされるので、通常のツイートよりもSEO効果は高いかもしれません。
クエリによっては上位表示も狙えるかも?

ただし、H2やH3といったタグやリストタグなどのHTMLは使えません。

まぁツイートでSEOを狙う人はあまりいないと思うので、Twitterで取りあえず長文を書きたいという方にはTwishortがオススメなので是非使ってみてください。
もちろん無料ですよ。

https://twishort.com/