幼児がいる家庭にオススメの動画配信サービス比較!子供向け番組が見放題!

テレビを観ている家族

最近徐々に家庭に浸透しつつある動画配信サービス。
VOD(ビデオオンデマンド)と呼ばれるインターネット上で映画・ドラマ・アニメなど様々な動画を楽しむことができるサービスです。

ひと昔前はレンタルビデオ・DVDを借りてきて楽しむ時代でしたが、現在ではインターネットがあれば動画を観ることができるため、特に子どもがいる家庭ではお店に行く手間も無いため、利用している方が増えています。

しかし、動画配信サービスといっても現在は多くのサービスがあり、どれに加入していいのか迷ってしまう人も少なくないと思います。

「どの動画配信サービスが一番安いのか?」
「子供向け番組が多いのはどのサービスか?」
「子供だけでなく自分も楽しめそうなサービスはどれなのか?」

そんな疑問を持つ人のために、ここでは子供(特に幼児)がいる家庭にオススメできる動画配信サービスを紹介したいと思います。
是非参考にしてみてください。

動画配信サービスの比較ポイント

動画配信サービスは数多く存在していますが、子供がいる家庭で選ぶポイントとしては以下が基準になると思います。

  • 月額料金が負担にならないか
  • 子供が観るような番組は多い配信されているか
  • 親も楽しめるジャンルが配信されているか
  • 見放題で視聴できる作品が多いか
  • デバイスは何で視聴できるか
  • お試し期間はあるのか

この中でもやはり重要視するのは「月額料金」と「子供が観る番組」ではないでしょうか?
せっかく加入しても子供が観る番組が少なかったら意味がありませんよね。

月額料金

子供がいる家庭はその分家計も大変になるため、月額料金は重要なポイントです。
家計のことを考えるとあまり高いVODはオススメできません。
高くても月額2,000円程度が許容範囲内ではないでしょうか。

子供が観る番組

動画配信サービスとしての配信作品数は多かったとしても、子供が観る番組が少ないのであれば意味はありません。
また、子供の年代によっても観る番組は違うと思うので、現在お子様が観ているようなジャンルの作品が配信されているのかも重要なチェックポイントです。

視聴デバイス

意外と重要なのがこの視聴可能デバイスです。
子供と一緒に観る場合、テレビ画面で視聴することが殆どかと思います。

最近の主要テレビには動画配信サービスのアプリが内蔵されていることが多いですが、テレビが古かったり、価格が安いテレビには内臓されていないため、メディアプレイヤーやゲーム機などが必要になってきます。
特にゲーム機は対応していない動画配信サービスもあるため、ご自身の環境で視聴可能かチェックしておきましょう。

子供向けの番組が配信されている動画配信サービス

それでは実際に子供がいる家庭にオススメの動画配信サービスを紹介します。
価格や主な配信サービスも比較しているので是非参考にしてみてください。

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT

日本最大級の配信数を誇る動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」。
他の動画配信サービスと比較してもその圧倒的な配信作品数が何といっても魅力のポイントです。
もちろん子供向けのコンテンツも充実していて、旧作の作品から新作のものまで幅広く配信されています。

家族向けとして利用できるように1つの契約でアカウントが4つまで作れます。
アカウントごとに視聴制限をつけることができるため、子供が有料作品を視聴したり、アダルト作品を視聴しないようにコントロールできるのが非常に便利です。

月額利用料は1,990円と他の動画配信サービスと比べると若干高め。
ただし、U-NEXTは毎月ポイントが1,200ポイント貰えるため、実質790円で観れることになります。
その1,200ポイントを割引に使わず新作を観るために使うこともできるため、動画を楽しみたい家庭にとっては使い勝手の良いサービスと言えます。
初回の1ヶ月間は無料でお試しすることもできます。

動画配信数 120,000本以上
強いジャンル 映画・ドラマ・アニメ
キッズ向け主な人気作品 アンパンマン・きかんしゃトーマス・いないいないばあっ!・おかあさんといっしょ・仮面ライダーシリーズ・ウルトラマンシリーズ・ドラゴンボール・名探偵コナン・セーラームーン・サンリオシリーズ・ムーミン・みいつけた!・妖怪ウォッチ・ポケモン
ダウンロード再生 可能
月額料金 1,990円(税抜)
無料期間 1ヶ月間
対応デバイス パソコン・スマートフォン・タブレット・TV・PS4
特徴 ・圧倒的な動画配信数
・1つの契約でアカウントが4つ作成可能
・毎月ポイントが1,200ポイント貰える
・動画だけでなく電子書籍も観れる

Hulu(フールー)

Hulu

動画配信サービスとしては運営歴が長く知名度も高い「Hulu(フールー)」。
動画の画質も良く、ストレス無く視聴できるのも人気のポイントです。
Huluは日本テレビの子会社の運営になったこともあり、日本テレビ系のアニメの充実度が高いです。
アンパンマン・名探偵コナン・しまじろうの他にも、おかあさんといっしょのファミリーコンサートなども観ることができます。
特にアンパンマンは通常のテレビシリーズだけでなく映画版も豊富に配信しています。

月額利用料は933円とU-NEXTと比べると安いのも魅力。
Huluアプリでの視聴も便利なので、子供との外出先や移動先で見せることが可能です。

お試し期間が他の動画配信サービスに比べて2週間と短いのが残念ですが、対応デバイスもゲーム機でも視聴できたりと幅広いため、使い勝手が良いVODの1つです。

動画配信数 50,000本以上
強いジャンル 映画・ドラマ
キッズ向け主な人気作品 アンパンマン・ディズニーアニメ・おかあさんといっしょ・名探偵コナン・しまじろう・おさるのジョージ・スーパー戦隊シリーズ・仮面ライダーシリーズ・ウルトラマンシリーズ・ケロロ軍曹・ポケモン・妖怪ウォッチ・NARUTO・とっとこハム太郎・きかんしゃトーマス
ダウンロード再生 不可
月額料金 933円(税抜)
無料期間 2週間
対応デバイス パソコン・スマートフォン・タブレット・TV・PS Vita・PS3・PS4・Nintendo Wii U
特徴 ・映画やドラマが豊富で親世代も楽しめる
・対応デバイスが豊富
・日本テレビ系列の番組が豊富

dTV(ディーティーブイ)

dTV

NTTドコモが提供する動画配信サービスの「dTV(ディーティーブイ)」。
コンテンツの配信数はU-NEXTと肩を並べるトップクラスの動画配信サービスでもあります。
以前はdocomo回線を利用している人だけ利用可能でしたが、現在はキャリアフリーになり誰でもサービスを利用できるようになりました。

映画・ドラマ・アニメなど充実のラインナップですが、アニメ系はどちらかというと幼児よりはキッズ向けの作品が多い印象。
それでもドラえもんやクレヨンしんちゃんなどの王道作品はしっかり配信しています。

月額価格500円と業界トップクラスの安さの割にコスパが良いのが最大の魅力。
見放題作品も多いため、親子で十分楽しめます。

ただし、対応デバイスとしてゲーム機には対応していないので、PS3やPS4を使ってテレビで視聴するはできません。
お試しする前に環境をしっかりチェックしておきましょう。

動画配信数 120,000本以上
強いジャンル 映画・アニメ
キッズ向け主な人気作品 アンパンマン・ドラえもん・クレヨンしんちゃん・しまじろう・おさるのジョージ・ディズニーアニメ・仮面ライダーシリーズ・スーパー戦隊シリーズ・妖怪ウォッチ・ピングー・おかあさんといっしょ・いないいないばあっ!・ハローキティ
ダウンロード再生 可能
月額料金 500円 (税抜)
無料期間 1ヶ月間
対応デバイス パソコン・スマートフォン・タブレット・TV
特徴 ・コストパフォーマンスが最強
・動画のダウンロードが可能
・VODではトップクラスの人気

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ

Amazonのプライム会員に入会することで視聴可能になる動画配信サービスです。
Amazonはショッピングで日常的に利用する方も多く、送料などが無料になるプライム会員になっている方は少なくありません。
そのため、動画配信サービス目的で加入するというよりはプライム会員になった結果、動画も動画配信サービスも楽しめたという位置づけで利用されている方も多いかもしれません。

月額は400円とdTVと同様にリーズナブルですが、配信コンテンツ数は少な目。
ただし、ドラえもんやミニオンズなど主要どころの作品は揃えています。※アンパンマンは無し。

コスパは良いとは言えないため、映画やドラマを十分に楽しみたい親世代には物足りないかもしれません。
対応デバイスは広く、PS3やPS4といったゲーム機でも視聴可能です。

動画配信数 30,000本以上
強いジャンル 映画・特撮
キッズ向け主な人気作品 ドラえもん・ミニオン・あたしんち・ポケモン・妖怪ウォッチ・仮面ライダーシリーズ・ウルトラマンシリーズ・スーパー戦隊シリーズ・メタルヒーローシリーズ・おさるのジョージ・はなかっぱ・ディズニーアニメ
ダウンロード再生 不可
月額料金 400円 (税抜)
無料期間 30日間
対応デバイス パソコン・スマートフォン・タブレット・TV・PS Vita・PS3・PS4・Nintendo Wii U
特徴 ・対応デバイスが豊富
・プライム会員なら動画以外にも特典が豊富
・年間契約ならさらに月額が安くなる

FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビオンデマンド

その名の通り、フジテレビ系列の番組を中心に取り扱っている動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」。
フジテレビ系の過去の名作ドラマなども視聴できるため、ドラマ全盛期を通ってきた今の親世代のもう一度観たい作品などが見つかるかもしれません。
これは他の動画配信サービスには無いラインナップです。

キッズ向けは他の動画配信サービスに比べると少な目。Amazonプライムビデオと同様に幼児というよりはキッズ向けの割合が多いです。
ただし、ほのぼのやガチャムクなどフジテレビにしかない作品もあります。

月額料金は888円と最安値ではありませんが、高すぎるわけでもありません。
FODにしかないオリジナルドラマなどもあるため、観たい作品があれば利用するという方がいいかと思います。

動画配信数 15,000本以上
強いジャンル ドラマ
キッズ向け主な人気作品 おかあさんといっしょ・いないいないばあっ!・ぼのぼの・ドラゴンボール・ワンピース・チャギントン・らんま1/2・ゲゲゲの鬼太郎・るろうに剣心・幽☆遊☆白書・ハローキティ
ダウンロード再生 不可
月額料金 888円(税抜)
無料期間 1ヶ月間
対応デバイス パソコン・スマートフォン・タブレット・TV
特徴 ・フジテレビ系列の番組が豊富
・マンガや雑誌も楽しめる

ビデオパス

ビデオパス

Auなどでお馴染みのKDDIが運営する動画配信サービス「ビデオパス」。
dTVと同様に、以前はauのユーザー限定のサービスでしたが、現在はキャリアフリーになりauユーザーでなくても利用することができるサービスとなりました。
auユーザーの方はauIDを、そうでない方はWow! IDを作成して利用します。

配信コンテンツ数はdTVほどとはいきませんが、最近は徐々にコンテンツ数も追加されてきており、利用ユーザー数も増えてきているそうです。
アンパンマンやクレヨンしんちゃんといった作品は配信されていますが、その他はキッズ向けの作品が多くなっています。

月額は562円とdTVとあまり変わらない価格設定です。
配信コンテンツはむしろdTVの方が多いので、コスパという面で考えてもdTVの方が今のところは良さそうです。

動画配信数 10,000本以上
強いジャンル 映画
キッズ向け主な人気作品 クレヨンしんちゃん・名探偵コナン・ゲゲゲの鬼太郎・ワンピース・銀魂・妖怪ウォッチ・ポケモン・仮面ライダーシリーズ・スーパー戦隊シリーズ
ダウンロード再生 可能
月額料金 562円(税抜)
無料期間 1ヶ月間
対応デバイス パソコン・スマートフォン・タブレット・TV
特徴 ・ビデオコインが毎月540コイン貰える
・Chromecastに対応

dアニメストア

dアニメストア

「dアニメストア」はdTVと同じくNTTドコモが提供する動画配信サービスです。
こちら配信コンテンツはアニメ専用となっているのが最大の特徴。
同じ運営ではありますが、サービス自体は別となっているため、dアニメストアを視聴したい場合は別で加入する必要があります。

昔の名作から最新のアニメまでラインナップは豊富なので、アニメが好きな家庭なら親子で楽しめる動画配信サービスかと思います。
ただし、ドラえもんやアンパンマンといったアニメは配信されていなかったりするため、子供に見せたい番組があるのかは事前にチェックしておきましょう。

価格は400円と非常にリーズナブル。
映画やドラマなどは視聴できませんが、「アニメしか観ない!」という家庭であればdアニメストアでも良いかもしれません。

動画配信数 2,400作品以上
強いジャンル アニメ
キッズ向け主な人気作品 あたしんち・キテレツ大百科・ぼのぼの・うちのタマ知りませんか?・みんなだいすきそらジロー・忍たま乱太郎・少年アシベ・チーズスイートホーム・ふなっしーのふなふなふな日和
ダウンロード再生 不可
月額料金 400円(税抜)
無料期間 1ヶ月間
対応デバイス パソコン・スマートフォン・タブレット・TV
特徴 ・とにかくアニメが豊富
・新作も見放題になっていることも多い

TSUTAYA TV

TSUTAYA TV

レンタルCD・DVDでお馴染みのTSUTAYA。
「TSUTAYA TV」はそのTSUTAYAを運営するCCC グループのT-MEDIAホールディングスが提供している動画配信サービスとなっています。

ただし、見放題の配信コンテンツ数は他のVODと比べると少な目。
一応アンパンマンの映画などは視聴可能ですが、子供向けの動画配信サービスとなると若干物足りない感は否めません。

価格は933円と平均的な価格設定です。
ただし、動画見放題プランを利用していると毎月1080円相当のポイントが貰えるため、そのポイントで新作2本分を観ることができます。

月額料金が2,417円にはなりますが、ネット宅配のTSUTAYADISCUSとセットで利用することでDVDやCDの約32万タイトルが借り放題となるのも特徴的です。
特にCDを借りる需要が大きい家庭は向いているかもしれません。

動画配信数 3,200本以上
強いジャンル 映画
キッズ向け主な人気作品 ミニオン・プリキュア・おさるのジョージ・アンパンマン・忍者ハットリくん・怪物くん・21エモン・ポケモン・あたしんち
ダウンロード再生 一部可能
月額料金 933円 (税抜)
無料期間 30日間
対応デバイス パソコン・スマートフォン・タブレット・TV
特徴 ・1080円相当のポイントが毎月貰える
・TSUTAYADISCUSとセットでCDも借り放題

動画配信サービスを利用するメリット

実際に僕も子供に見せることを含めて動画配信サービスの見放題プランを使っていますが、はっきり言ってめちゃめちゃ便利です。
最初は「近くにレンタルDVD屋さんがあるから…」と思っていましたが、使ってみるといろいろメリットを感じることがあったので、是非紹介したいと思います。

見放題プランはかなりコスパが良い

月額固定費にはなってしまいますが、見放題プランはめちゃめちゃコスパが良いです。
うちの近くにはゲオがあったのですが、ゲオでも旧作1本108円します。

動画配信サービスの見放題プランは月額1,000円以内のものが殆どなので、月10本分見せただけで全然元は取れるんです。
幼児くらいになると、自分の意思を持ってテレビを観ることも多くなるため、特にアンパンマンやドラえもんといったシリーズもののを作品を見せる時の見放題プランは本当に助かりますね。

DVDを返しに行く手間が無く延滞料金の心配も無い

DVDレンタルで一番面倒なのがこの返しに行くと言う手間。
特に返しに行く日に限って雨だったり、体調が悪かったりすると億劫になってしまいます。

また、返し忘れによる延滞料金が発生する心配が無いのも便利なポイント。
基本的にレンタルDVD屋さんは手数料ビジネスでもあるので、延滞していることを数日経ってから連絡してきます。
連絡が来た頃には延滞料金がとんでもないことになっていた、という経験をしたこともあるのではないでしょうか。
ちなみに僕は何度もあります。

そんな心配が無いのも動画配信サービスの良いところですね。

貸し出し中だったということが無い

この経験をしたことが多い人もいるのではないでしょうか。
借りたいものが決まっているのに、いざ行ってみると“貸し出し中”。
しかもその作品が7泊8日のものだと、返ってくるのにまた一週間は待たないといけない絶望感。

動画配信サービスは在庫を抱えているわけではないので、観たい時に観れるというのは昔の経験からするとすごく快適です。

外出先や移動先でも視聴することができる

動画配信サービスはテレビだけでなく、パソコンやタブレット、スマートフォンでも視聴することができます。
そのため、外出先や移動先でも利用することが可能です。

僕の場合は田舎に帰省する際、新幹線の長距離移動があるのですが、その際に子供に動画を見せてあげれるのですごく助かってます。

動画配信サービスの見放題を利用する上での注意点

あまり観ない月があっても月額料金は発生する

「今月は忙しくて映画1本しか観る時間が無かった…」
このような時でも定額の月額料金は掛かってしまうため注意しましょう。

ただ、僕の経験上子供に動画を見せるために加入したのであればその状況になることは無いです。
基本的にテレビは子供に取られちゃうし、子供も暇なときは動画を観ている時が多いので月額分も観なかったということは無いですね。

インターネット環境が必須

動画配信サービスを利用するためにはインターネット環境が必須です。
特にテレビ画面で観たいという方であれば、テレビ本体・ゲーム機。メディアプレイヤーをネット環境につながなければいけません。

スマホでも観れますが、スマホの回線で観てしまうとすぐ容量がいっぱいになってしまうので、有線や無線LAN(wifi)環境にしておくことをオススメします。

僕はもともとインターネット回線をつないでいるので、この辺は問題なくクリアでした。

インターネット

Hulu・U-NEXT・dTVなどのVODの利用に適したネット回線の選び方

2018年9月10日

最新作は見放題の対象ではない

見放題の作品はたくさん配信されていますが、最新作は基本的に見放題になることはありません。
レンタルDVD屋さんで“準新作”あたりになったときに動画配信サービスにも配信されてきます。

ただ、どうしても観たいという新作は1作ごとに課金することで視聴できるため、こちらもレンタルDVDを借りてくるよりもはるかに楽です。
1作品だいたい400~500円ほどで観ることができます。

僕もどうしても観たい新作は作品ごとに課金して観ています。

作品は入れ替わるため常に見放題なわけではない

見放題で配信されているからといっても、いつまでも見放題なわけではありません。
動画配信サービスの中で見放題の対象作品は時期によって入れ替わります。

「そのうち観よう」と思っているうちに見放題の対象作品ではなくなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

ただ、僕の経験上は1ヶ月とか、そんなコンスタントに入れ替わるような感じはないと思います。利用する動画配信サービスにもよるかもしれませんが、短くても数カ月は見放題期間が続くと思うのでそこまで焦る必要はないです。

動画配信サービスを利用するために準備するもの

クレジットカード

支払は殆どの場合クレジットカードです。もちろんキャリア決済など他の支払い方法もありますが…。
動画配信サービスによって支払い方法は様々ですが、クレジットカードはどのサービスでも対応しており、手間も無い支払方法です。

オススメなのは楽天ポイント・Tポイント・dポイントなどポイントがしっかり貯まるクレジットカードを使うこと。
ここで紹介している動画配信サービスの利用料は大きい額ではないため、一度にたくさんポイントが貯まるわけではありませんが、毎月発生するものなのでチリも積もれば大きなポイントになります。

僕もTポイントが貯まるカードを登録しています。

テレビ画面で観る場合はゲーム機やメディアプレイヤー

古いテレビや安めのテレビを使用している場合、ゲーム機やメディアプレイヤーを使う必要があります。

ゲーム機であればPS3・PS4・Nintendo Wii Uなどをお持ちの方であればそちらのゲーム機をインターネットにつないで利用することができます。
ただし、ゲーム機はまだ対応していない動画配信サービスもあるため、事前に使用できるかチェックしておきましょう。

メディアプレイヤーとはApple TV・Amazon Fire TV Stick・Chromecastといった動画や音声ファイルを再生するためのアプリケーションです。
ゲーム機をお持ちではない方はディアプレーヤーの方が5,000円~と安く揃えることができるため、そちらの利用がオススメです。

僕はテレビを買い替えてからアプリが内蔵しているのでテレビだけで観れるようになりましたが、その前まではプレイステーションを使って観てました。

まずは無料期間を使って試してみよう

オススメの動画配信サービスを紹介してきましたが、基本的にどのサービスにもお試し期間が設定されています。
まずはその無料期間を利用して、ご自身の家庭で合うかどうかを試してみることをオススメします。

配信している作品はそれほど変わらなくても、画質やユーザーインターフェース(使いやすさ)などこだわりの点も出てくる可能性があるため、2~3つくらいお試ししても良いのではないでしょうか。

この記事は動画配信サービスの利用を考えているご家庭の参考になれば幸いです。